本日の取れ立てニュースリリースをお届け! PR TODAY

REGISTRATION

  • メディア様 登録はこちら
サービスのご案内

PR-TODAYには、インターネットを活用したプレスリリースを配信する「プレスリリース配信サービス」と配信サービスに加えソーシャルメディアなどからキーワードにより該当データを抽出し、解析/分析が行える機能が使える「プレスリリース配信サービス+ソーシャル解析サービス」の2つをご用意しております。

1. 会議などで発表事項の決定
2. プレスリリース原稿の作成
3. 会員登録後、ログインしてリリース文の登録
4. PR-TODAYから記者へプレスリリースの送信を行う
5. 記者が閲覧し、記事を書く
6. 新聞や雑誌、Web媒体に掲出される
7. 生活者が、ソーシャルメディアを使って情報を収集/拡散する
8. PR-TODAYのソーシャルメディア解析機能を使って、対象キーワードを解析
9. 会議などで解析結果を元に次の戦略を練る

簡単な会員登録やプレスリリース配信

PR-TODAYでは、ネット上から簡単に会員登録を行い、マスコミ向けへプレスリリースを送付することが出来ます。またマスコミの各記者がリリース文を読んだかどうかも判断でき、リサーチなどにも非常に役立ちます。

クレジットカード決済の場合、最短で会員登録から、3時間でプレスリリースを配信することが出来ます。

リリースを受け取った記者が閲覧

配信したリリース文は記者のもとへ配信されます。記者は、リリース文を読み、記事にするかどうか検討し、媒体ごとのルールのもとに掲載するかどうかを判断します。PR-TODAYでは、どの媒体へ掲出されたかを常に監視しており、掲出されるとマイページへ掲出場所が表示されるようになるので、掲出されている媒体を探し出す手間が少なくなり、非常に便利です。

時間・コストの有効活用

従来のプレスリリース配信では、時間のかかってしまったことをわずか数時間で完了することが出来るので、空いた時間や浮いたコストを使い、営業・企画・開発などのお客様が本来すべき業務に専念することが可能となります。

ソーシャルメディアにおける御社及び商品などを話題として把握

訴求された御社の企業情報や商品情報など、一般の生活者では、どの様な理解や興味、関心が
持たれているかなどをキーワードとして設定し、ソーシャルメディアの記事の中から抽出し、グラフデータとして閲覧することが可能になります。話題をバズという形で把握することで、次のプロモーションやリリース原稿などの作成に活用のための仮説作りに大変有効です。