48観光梨園で直売&梨もぎスタート

豊水、かおり、あきづき、etc. 梨大国・松戸市の梨もぎを家族で楽しもう 

今年は8月上旬から旬。 梨の収穫量日本一の千葉を代表する「まつどの梨」

シャキシャキの食感と口に入れたときのほのかな甘味とジューシーさが最大の特徴となります。
夏から初秋の風物詩として日本人に愛される果物の梨は、千葉県で全国トップの収穫量を誇っています。
松戸市は、青梨の代表的品種のひとつ、二十世紀梨1の発祥の地(1888年に、当時13歳だった松戸覚之助が発見したと言われている)としても有名で、市内には48の観光農園が点在しています。
今回は、樹で熟したみずみずしい食べごろの梨を直売または、もぎとり(梨もぎ)ができるスポットならびに、「まつどの梨」の特徴などをお知らせします。

 

松戸市観光梨園組合連合会 髙橋治会長
今シーズンは、春先の寒さや梅雨の長雨の影響が心配でしたが、このところは日照時間が増えたおかげで、味がどんどんよくなってきています。
たとえば豊水は甘酸っぱさが特徴ですが、いつもより甘みが増してきています。
今年は近場のレジャーとして人気で、いらした方々からは「こんなに安くてよいものが手に入って嬉しい」と好評です。梨の数は限りがありますので、お目当ての梨園に、事前にお問合せや予約の上、お楽しみください。

梨もぎ・贈答で人気。松戸の梨はもぎたて、新鮮さが特長

現在、日本では果皮が茶色い赤梨(豊水、あきづきなど)、果皮が緑色をしている青梨(二十世紀、かおりなど)の2種類に分類され、品種は約40程栽培されていると言われます。
土壌、気候ともに梨の栽培に適した環境と言われる松戸市では、約10種類を栽培しており、多くの需要を得ています。
需要の高さから「まつどの梨」は市場に出回ることが少なく、価値が高くなっている現状もあります。
そのため、現地の観光農園で贈答用としての直売や梨もぎが人気で、新鮮もぎたてが特長です。

梨を使ったおいしいレシピもおすすめ


「完熟梨のフルーツサンド」

皮をむいてそのまま食べるのもおいしいですが、さまざまなアレンジを加えることで、違った味わいを楽しむことができます。
クリームブリュレにしたり、トーストのトッピングに使ったりと調理法はさまざまで、インターネットのレシピサイトでも数多くメニューが紹介されています。

東京駅から松戸駅まで電車で最短24分!気軽にお越しください

気軽に楽しめる都市近郊型のフルーツ狩り

松戸市は、実は東京駅から松戸駅までJR上野東京ラインで最短24分と、都心に近いんです!
駐車場を完備している農園も多く、週末にふらりと遊びに来ることができますので、ご家族・カップル・友人同士でどうぞ気軽にお立ち寄りください。

松戸市観光梨園MAP<高塚地区>

松戸市観光梨園MAP<五香・金ケ作・六実地区>

梨園情報

開園時期 2020年8月上旬~10月中旬(梨がなくなり次第終了)
梨もぎ料金

入園無料

梨もぎ標準価格1kgあたり650円

梨園の場所 全48園で梨の直売を実施

※完売や臨時休園することがありますので、詳細は各園に電話でお問い合わせください。

参考URL : http://www.matsudo-kankou.jp/pearinfo/ (松戸市観光協会ホームページ)