【教員紹介(8)】IT・ビジネス等の第一線で活躍する専門家たち(吉田 裕季)

IT、ビジネスの第一線で活躍する人材を育てるサイバー大学には、さまざまな分野で活躍している教員がそろっています。教員紹介シリーズの第8回は、IT総合学部でeラーニングにおける基礎学力向上を目的とした科目を担当する吉田 裕季 講師をご紹介します。※2023年10月6日現在の情報です。

【プロフィール】

氏名

吉田 裕季

職位

講師

学位

博士(文学)

専門分野

・西洋史(東欧近現代史)
・歴史教育

主な経歴

ハンガリー・ペーチ大学国費留学を経て、立正大学大学院文学研究科において博士(文学)を取得。大学にて非常勤講師として日本語リテラシー、歴史学、社会科教職関連の科目を担当し、2022年10月より現職。ハンガリーを中心とした20世紀初頭の中・東欧の歴史を研究。大学の教養科目における歴史教育の在り方に関心を持つ。

研究分野および研究実績

・第1次世界大戦後のパリ講和会議におけるハンガリーの国境画定
・大学教養科目における非専門および高大接続の観点での歴史学の在り方

サイバー大学での担当科目

・「スタディスキル入門」
・「スタディスキル実践」

 

【研究テーマ・今後の取り組みについて】
これまで、19世紀から20世紀にかけての中・東欧地域の国際政治史について研究してきました。日本人にとってはあまり馴染みのない地域ですが、国際問題の多くがこの地域に関係しているのも事実であり、現代社会を理解するうえで有意義な研究と考えています。
サイバー大学では、基礎学力向上を目的とした授業に携わっています。今後も、学生諸子が自律して学ぶ力を持てるよう、注力していくことになりましょう。

 

【報道関係者の皆様からの取材・コメント等のご依頼について】
本学教員への取材・コメント等の依頼は以下のお問い合わせ先(広報窓口)までお願いいたします。