2022年6月23日 09:00

新東通信50周年記念事業 創業者 谷 喜久郎「地方を元気にする男」出版

アイデアで地方創生の旗手となれ。ピンチをチャンスに変えるには。チャンスの掴み方、考え方を、80代にして現役でビジネスの最先端にいる著者が伝える。

 株式会社新東通信 代表取締役会長兼社長 谷 喜久郎は、創立50周年に先駆けて自身2冊目の著書となる「地方を元気にする男〜広告業界の地方創生の旗手〜」を株式会社幻冬舎(代表者 見城 徹)から出版します。

 新東通信は「何かおもろいことないか」を行動原理とし、愛知県名古屋市で設立、東京、名古屋、⼤阪を中⼼東北から九州・沖縄、そしてスペインに拠点を持つ創業50年になる総合広告会社です。

 本書は、『発想のマーチャンダイジング』で「世界本の日」の創設の一翼を担い、名古屋城をガウディの城に変えた「世界デザイン博」、「愛・地球博」の誘致、そして地方創生に繋がるSDGsやサーキュラーエコノミー、PFI事業等で地域活性化の活動を行ない、80代にして現役でビジネスの最先端にいる新東通信創業者 谷 喜久郎が、創業から50年何を考え、どう行動し、チャンスをつかんだのか、そしてこれからの展望について記しています。

■著者紹介
⾕ 喜久郎(たに きくろう)
1941 年、兵庫県川⻄市に⽣まれる。⼤学⼊学前からウエイトリフティングを始め、⼤学時代の1962 年にウエイトリフティング⻄⽇本学⽣選⼿権2 位⼊賞。同年より4 年連続、愛知県代表として秋季国体に出場し上位に⼊賞する。1963 年に株式会社東通⼊社。

1972 年 株式会社新東通信を設⽴、代表取締役に就任
1980 年 名古屋オリンピック誘致を掲げて「名古屋シティマラソン」の企画運営
1985 年 ⽇本・カタルーニャ友好親善協会を設⽴、専務理事に就任(現会⻑)
1989 年 世界デザイン博・名古屋城会場「ガウディの城」企画運営
2001 年 地域広告会社コンソーシアム メイシス株式会社を設⽴、代表取締役に就任
2005 年 2005 年⽇本国際博覧会「愛・地球博」アフリカ共同館等各パビリオン、イベント企画運営
2012 年 名古屋市と協定を結び東⼭動植物園内施設事業開発他
2018 年 名古屋市と協定を結び名古屋城「⾦シャチ横丁」事業推進開発他2020 年 AICHI SDGs EXPO実⾏委員として主催団体に参画、GREEN WORK HAKUBA 企画運営
2021 年 「CAVA DISCOVERY WEEK #1」企画運営 等

⟨受章歴⟩
2006 年 「アルフォンソ⼗世勲章エンコミエンダ章」
2016 年 「サン・ジョルディ⼗字勲章」
2016 年 「旭⽇双光章」

■書籍概要
【タイトル】地⽅を元気にする男 広告業界の地⽅創⽣の旗⼿
【発売⽇】2022 年6⽉22 ⽇
【本体定価】1,870 円(税込)
【URL】https://www.gentosha.co.jp/book/b14402.html