2022年7月6日 15:00

新東通信の企画がACジャパン2022年度支援キャンペーンに ~国連WFP協会『最初の一粒』~

ACジャパンの2022年公共広告支援キャンペーン作品に、新東通信が企画した【国連WFP協会『最初の一粒』】が決定しました

 株式会社新東通信(代表取締役会長兼社長:谷 喜久郎、以下新東通信)が企画した【国連WFP協会『最初の一粒』】が、公益社団法人ACジャパンの2022年公共広告支援キャンペーン作品に決定しました。2022年7月より1年間、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等、全国の各メディアで放送・掲載の予定です。

 新東通信が企画制作をしたのは、国連WFP協会『最初の一粒』。「最後の一粒まで」日本人の食を大切にする気持ち、食品ロスなど飽食に対する罪悪感を伝えながら、「最初の一粒もない」ショッキングな事実を提示。世界の食料不足への興味関心を喚起する内容です。

©WFP

 おいしいものが、何不自由なく食べることのできる日本と、紛争や気候変動などの要因で、食料不足に陥っている国。食料事情について対比構造を強調することで、世界の問題を自分ごと化、数値も示し、食料不足の問題を正しく伝えます。ナレーションは女優の杏さんが担当、作品に力強さと優しさを与えていただきました。

©WFP

◆CM動画、グラフィック広告は以下のACジャパンサイトにてご覧頂けます。
https://www.ad-c.or.jp/campaign/support/support_04.html