第27回 マジック:ザ・ギャザリング世界選手権 見事な逆転劇を披露し高橋優太選手が優勝! 総額12万ドルを獲得!世界の頂点へ

世界中で4千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ元祖戦略トレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリング (以下 、マジック )」は 10月8日(金)〜10日(日)※の日程で、PC&モバイル端末対応のデジタルゲーム「マジック:ザ・ギャザリング アリーナ」を用いて今年のマジック世界一の選手を決定する「第27回マジック:ザ・ギャザリング世界選手権」を開催しました。 今大会では、日本人選手として参加した高橋優太選手が優勝。3日間の激闘を制し総額12万ドル(優勝賞金7万ドルおよび参加褒賞5万ドル)を獲得し、世界の頂点に輝きました。※米国太平洋標準時(夏時間)



世界王者の称号と優勝賞金を懸けたマジック最高峰大会を制し高橋優太選手が優勝!
 マジック:ザ・ギャザリング世界選手権は、年間を通じて最も活躍した世界のトッププレイヤー16名が、賞金総額25万ドルと世界王者の名誉を懸け、3日間に渡って真剣勝負を繰り広げる、マジック最高峰の個人戦プレミアeスポーツイベントです。
 2年ぶりの開催となる今回、優勝賞金は7万ドル(約770万円)、賞金総額は25万ドル(約2,750万円)。また今年は賞金とは別に、出場16名全員に5万ドル(約550万円)が参加報酬として支払われるなど、賞金&参加褒賞総額は100万ドル(約1億1,000万円)を超えます。また16名中に5名もの日本人選手が出場したことで、日本のマジックファンにも非常に注目度の高い大会となりました。
 今大会では日本人選手である高橋選手が3日間に及ぶ激闘を制し、見事に優勝。予選ラウンド0-3からのスタートという負けの許されない状況から無敗で優勝まで辿り着くマジック史に残る大逆転劇を披露し、総額12万ドルと世界王者の称号をつかみ取りました。

      
参加者中自身だけが持ち込んだ「イゼット・ドラゴン」デッキで優勝を決める高橋選手

【高橋選手プロフィール】
 ・高橋優太選手(2020-2021シーズン ライバルズ・リーグ第4位)



繊細なプレイスタイルと競技に対するストイックな姿勢で知られるプレイヤー。愛称は「あんちゃん」。青黒のデッキを好むことで有名。大学時代のグランプリ初出場をきっかけに競技マジックの世界へとのめり込み、大型大会で次々と優勝を重ねる。その後はショップからスポンサードを受けながら競技マジックを続け、現在もトーナメントシーンの最前線で活躍している。2020年、プレイヤー・ポイント上位者としてマジック・ライバルズリーグに加入。

高橋優太選手Twitchチャンネル: https://www.twitch.tv/vendilion_mtg

【第27回マジック:ザ・ギャザリング世界選手権 日本語生放送YouTubeアーカイブ】

     

DAY1: https://www.youtube.com/watch?v=2bMOBc5MZJ8
DAY2: https://www.youtube.com/watch?v=NWd2FgWGHrw
DAY3:https://www.youtube.com/watch?v=3Ve9Hk3k5X8